img_02

ミラドライの副作用について

ミラドライは切らないわきが治療として、画期的な治療法と言われています。
治療法としてはマイクロウェーブを汗腺部位に照らし当て、臭いの元となるアポクリン汗腺、エクリン汗腺のみ破壊するため、治療時間も短く済みます。

照射中は表面を冷却するため、痛みを感じることはほとんどなく、エネルギーは治療部位に集中するため、他の部分はダメージをほとんど受けることがありません。

傷跡も残ることがなく、感染症や合併症のリスクが少ないのも特等です。

ミラドライで起こり得る副作用は、術後、部位が腫れることで起こる違和感や色素過剰、治療中の姿勢による腕や肩のコリなどが報告されていますが、これらの症状は一定期間のものが多く、いわゆるダウンタイムという日常生活に戻れる間での目安に含まれる要素と言えます。

他には一時的な炎症状態になり、体質的に膿んでしまう方もいますが、こちらも時間の経過により回復します。

また長期にわたる副作用として、脇毛の減耗は少なからず伴います。

これらの症状が出たとしても、スタッフが丁寧な対応をしてくれる所がほとんどですので、安心できます。
他の外科的手術は切開跡や化膿、出血などの副作用が挙げられ、ミラドライと比べると確実に傷跡が残ったり、長期間の影響が考えられる副作用がある点が懸念され、切開行為がある以上、感染症や合併症のリスクも心配されます。
どちらも治療行為である以上、一定のリスクは伴いますが、これらのことを考えるとミラドライは安心できるわきが治療と言えます。

http://www.hosp.go.jp/~kyotolan/html/guide/medicalinfo/urology/description02.html
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5b2.html
http://www.zjk.or.jp/index.html

最高の銀座の虫歯治療の情報はココで集まります。

審美歯科の評判選びであなたの手助けをします。

こだわるなら頬たるみに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

ムダ毛情報の差に驚きました。

心斎橋のシミ情報選びに特化したポータルサイトです。