img_02

てんかん治療の経験談

てんかんを初めて起こしたのは小学生4年の頃でした。
寝ている最中の出来事で、目は白目を剥き、歯を食いしばり、ガクガクと震えていたそうです。

医療痩身の喜びの声を頂いています。

歯が折れたり、舌を噛み切らないようにと、父親はわたしの口にタオルを含み、救急車の到着を待ったそうです。

後で調べたところ、本来は窒息の恐れもあるので、下顎に手を当てて気道を確保するのが正しいようです。
このような症状に両親は驚いたようですが、てんかんは100人に1人がなるという割とよくある病気なのだそうです。


また内服薬を正しく飲み、生活習慣を整えてあげることで、発作を起こさずに治療していくことが出来る病気でした。
そのため、薬を飲む面倒はありましたが、個人的には痛いや苦しい治療ということもなく、1年に1度脳波の検査を受け、その後の経過をみるだけで、特に困ったことはありませんでした。

もう、完治したかと思っていた中学3年にもう一度、けいれんを体験しました。

体調としては、疲れが溜まっていた時期でした。

現時点で最高の心斎橋のわきが跡の比較に関してとにかく簡単に調べられます。

やはり、ストレスや不規則な生活の際に起きることが多いのでしょう。

高校に入ると全くけいれんが起こらなくなり、検査も良好。



病院からも薬を辞めて大丈夫と言われ、治療が終了しました。



今では結婚も出産もし、全くてんかんを心配しない生活を送っています。治療の間は、薬を忘れずに飲むのはひと手間でしたが、しっかり病院にかかり、このように治療出来て、本当に良かったと思っています。

痩身治療を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

この経験が、他のてんかんの患者さんの参考になればと思います。


http://www.high-medical-expenses.com/entry42.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E4%BC%9A
http://sap-cc.go.jp/hp/hospital/cure/index.html