img_02

投薬によるてんかん治療

子供が熱もないのけいれんを起こした時は、てんかんの可能性があります。


3歳くらいまでの子どもなら発熱を伴って起こす熱性けいれんがありますが、熱性けいれんの様に全身をこわばらせたり、けいれんを起こすものではなく、てんかんの場合は左右どちらかが不随運動をするという特徴があります。

便利な東京の歯医者情報サイトを活用しましょう。

また動きが急に止まってしまうという発作もあれば、泡を吹いて意識を失って倒れるという大発作もあります。

評判が高いメディカルダイエットについて詳しく知りたいならこのサイトです。

しかししばらくして発作が治まると何もなかったかのように元に戻ります。



だから医師に見せるときには発作が治まっていることも多いので、どのような発作で、どのくらいの間続いていたかなど、詳しく見て伝えるようにすることが大切です。



てんかんは脳波を調べることで診断できます。


脳波に詳しい医師が異常な波があるかどうかを調べてくれます。
そしててんかんと診断されたら治療に入ります。


治療は投薬治療がほとんどです。数ある抗てんかん薬から副作用が現れない、発作をコントロールできるなど患者に合った薬を処方してもらい、毎日きちんと飲み続けることで発作を起こさないようにしていきます。

定期的に血液検査をして、薬が効いているか血中濃度を調べたり、薬の副作用はないか肝機能の検査を受けます。
また一年に2回くらい脳波の検査をしながら治療を進めていきます。
薬は飲んだりのまなかったりすれば発作をうまくコントロールできません。

きちんと薬を飲んで、長期間発作が起きない期間が続けば、医師は薬を減らしていくという判断をしてくれます。


そのような治療法で発作が起きないように指導してくれるのです。




http://www.jst.go.jp/pr/info/info248/
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5b2.html
http://www.jspn.jp/